jurgenlehl ’22 autumn」カテゴリーアーカイブ

二重織スカーフ

手織りのごく薄いスカーフ。
左右で柄が異なっているのは、二重織で表にシルク、
裏には綿の手紡糸を交互に挿入して織り、片側を開いて仕上げたから。
中心で二つ折りし、裏表を異なる柄にしても、
広げて大判のスカーフとしても、様々な使いかたを楽しめる。

¥28,600
Photograph by Shuhei Tonami
Hair and Make up by Yoko Sasaura

カーディ

鮮やかなオレンジのドレス。スカート部分の切り替えがアップリケになっている。

スカートは裾をカットワークで仕上げた。
裾や生地端にこういったアップリケやカットワークを入れるのは、
インドの伝統的な技法をもとにしていて、
現地の職人達も「あ、あれだな」と気づいているようだ。
得意だからだろうか、誇り故だろうか、特に丁寧な仕上がりが嬉しい。

ドレス  ¥63,800
スカート ¥52,800
Photograph by Shuhei Tonami
Hair and Make up by Yoko Sasaura

カーディ

手紡ぎ手織りのカーディコットン。
コンパクトなスタンドカラーがシュッと決まる。
カンフーキックも鋭くキマる。

トップス ¥33,000
パンツ  ¥33,000
Photograph by Shuhei Tonami
Hair and Make up by Yoko Sasaura

オバケ

一見抽象的な柄は、よく見つめると、不思議な生き物達。
松浦秀昭の描いたこの柄は、彼曰く、”おばけ”だという。
そうか。八百万の神々、妖怪、付喪神に精霊たち。
これらを私達日本人は、愛嬌をもって”おばけ”と呼ぶのだ。
そういえば、ヨーロッパの友人が、日本のBAKEMONOはとてもユーモラスでかわいい
と言っていたのを思い出した。
きっとこの愛らしさは、超常の存在に対する、私達の敬愛によるものだ。

1枚目 ¥35,200
2枚目 ¥52,800
Photograph by Shuhei Tonami
Hair and Make up by Yoko Sasaura

リネン平織のドレス

質の良いリネンは独特の光沢を持つ。
玉虫に織った山吹色が日に輝くようだった。
¥70,400

Photagtaph by Shuhei Tonami
Hair and Make up by Yoko Sasaura

リネン平織

すこしクリスピーな平織りのリネン。
セットアップの着こなしがまた新鮮に感じる。

ジャケット ¥59,400
パンツ   ¥37,400
Photograph by Shuhei Tonami
Hair and Make up by Yoko Sasaura

まめドビー

小さな柄を織り込んだシャツ。
無地派の方も気軽に取り入れられるさり気なさが魅力。

¥29,700
Photograph by Shuhei Tonami
Hair and Make up by Yoko Sasaura

古道具熊川

群馬県は下仁田。

毎週日曜日、レンガ作りの倉庫の厚い鉄扉が開かれる。
仄暗い静謐な空間。
箪笥、椀、燭台、茶壺、木臼、籠、箱、棚。
審美の通った骨董品が並ぶ中、目を奪われるのは無用の品々。
三角の木っ端、
錆びた金網、
朽ちかけた板。
作り手の作為も、道具としての用途すらも忘れられたオブジェクトから、
降り積もった時間だけが、鈍い光を放っている。
無用であればこそ、その美は一途だ。

音楽家の友人が、店主に許しを得て小型のサクソフォンを吹いた。
バッハの旋律は易々と時空を超える。
最後の音が染み入るように消えたあと、
ここでの撮影を願い出た。
思えば不躾なことだったが、よく知る友人に請うように求め、
(きっと)店主もそのように頷いてくれた。

店内ばかりでなく、時の流れに取り残されたような下仁田の諸相を見つけ、
案内役を引きうけてくれた”古道具熊川”代表、
西原さんのご尽力と友情に感謝するとともに、
多くの人にこの店を訪れてほしいと願います。

古道具 熊川

群馬県甘楽郡下仁田町下仁田430-1
営業時間 日曜日 12:00-18:00
※営業日は要確認

Photograph by Shuhei Tonami

クシュクシュチェックスカーフ

ふわりと空気をはらむようなスカーフ。
撚りを強くかけた糸を縦横に織り込んで生地を縮ませ、立体的な表情に。
シルクコットンの風合いは夏から秋へと、長く着こなしのアクセントとして楽しめる。

¥39,600
Photograph by Shuhei Tonami
Hair and Make up by Yoko Sasaura

コットンリネンのジャンプスーツ

ほどよい厚さのある綿麻の生地は、ドレープ感とハリ感のバランスが良い。
ドレス感覚で着れるジャンプスーツはドレス好きにおすすめしたい。

¥50,600
Photograph by Shuhei Tonami
Hair and Make up by Yoko Sasaura