プレーティングダブル

一着の中に絵を描くように、大胆に構成するニット
シンプルに分割されたラインに、葉の葉脈をイメージした流れるような柄を
襟ぐりや裾、袖口などに持ってくることで、柔らかい印象になった。
有機的なこの葉脈柄は、ダブル編みという技法を用いていて、
その部分はふんわりとした仕上がりになっている。

ベースはプレーティング編みになっている。
プレーティング編みとは、添え糸編みとも言われ、語源は「板、板金」「メッキした金属製品」などを指すプレート(plate)から。2本の異なる糸を同時に給糸し、地編み糸に別の糸を添えて編んだ組織。一方の糸が表に、もう一方の糸が裏に出る。添えて編むため、時々面の色が裏に出て混ざり合った独特の繊細な表情を出す。

コットン、リネン、ラミーを使用しているためさらりとした肌触りも初夏に清々しい。


プレーティングダブルニット