jurgenlehl ’21 winter」カテゴリーアーカイブ

ネップツイードのブラウス

やわらかな生地を生かしたプルオーバーのデザインはニット感覚の一着。
細かなネップ(生地にちりばめたつぶつぶ)は
過去の生地を細かく砕き、再利用したもの。

¥33,000
Photograph by Isao Hashinoki

ネップツイードのコート

本来、しっかりと固く厚いツイードを
柔らかく心地よく着たいと、カットソーで再現した。
見た目にはツイードそのもの。
袖を通せば軽く柔らかなのに驚かれると思う。

¥88,000
Photograph by Isao Hashinoki

コットンシルクのドレスとカシミヤのスカーフ

薄手の手織りシルクコットンは、綿50%、シルク50%なので薄手でも暖かい。
とかく重くなりがちな冬の装いに、シルクは軽やかさを加えてくれる。
スカーフはごく細いカシミヤ糸で織られた、薄手で軽い仕上がり。
緯糸は二重織りで 表裏で微妙に異なる色合いが楽しめる。

ドレス ¥85,800
スカーフ ¥29,700
Photograph by Isao Hashinoki

ブークレー天竺のチュニック

糸自体がタオルのようなループ状になったブークレー糸。
この糸をふんわりと天竺に編んで仕上げると、
ニットより気軽で、スエットより軽い着心地に仕上がる。
袖のボリュームを抑えたチュニックドレスなら
真冬のインナーまで活躍してくれる。

¥48,400
Photograph by Isao Hashinoki

ウールシルクカールの羽織

日本の伝統的技法である絣染めのシルクを、
西洋的なツイードに織り込んだヨーガンレールらしいアイディアを、
アーカイブより復刻。より柔らかにアップデートして再現した。

¥99,000
Photograph by Isao Hashinoki

ラム圧縮のメンズジャケット

ラムウールのフェルト生地を使い、
特殊なミシンで縫い代の無いすっきりとした襟になっている。
カーディガン感覚で羽織れるやわらかなジャケット。

¥66,000
Photograph by Futoshi Osako