jurgenlehl ’20 spring」カテゴリーアーカイブ

はちはなキルト

シルクコットンを表地に使った、綿の中綿入りキルティングコート。
程よい厚さと、ハリのあるシルエットはダウンとはまた違った魅力。
一筆描きで描かれたステッチ柄は八百万の花々との意を込め、
はちはな、と名付けた。

¥140,000(税別), 綿80%, 絹20%, 中綿: 綿100%
Photograph by Yuriko Takagi

テープヤーンのベスト

13本の細い糸を一本のテープに編み、それをニットした。
ただ太い糸を使うより軽く、しなやかなニットベスト。

ベスト ¥39,000(税別), 綿70%, リネン30%
パンツ ¥46,000(税別), 毛75%, 絹25%
Photograph by Yuriko Takagi

牛革のバッグ

革を貼り合わせ、磨くことで
一見縫い目のない立体を作り出す、
独特の製法により作られたハンドバッグ。
口はやわらかな革を使い、
結んで閉じることができる。
和装にもおすすめの一品。

¥62,000(税別), 牛革
Photograph by Yuriko Takagi

タッサーシルクカットキルトの羽織

タッサーシルクと綿生地を重ね、
カットワークとキルティングを施した。
薄く繊細な生地を傷めずに縫い上げるため、
一度全面を手縫いで仮止めしている。
目に見えない手仕事がこの一着を支えている。

写真1-3 ¥120,000
写真4-5 ¥95,000(いずれも税別), 表: 絹100%, 裏: 綿100%
Photograph by Yuriko Takagi

コットンダブルスカーフ

コットンの二重編みのスカーフ。
多色に染めたコットンが表と裏に交互にあらわれる編み柄で、
間に空気の層を含むようなやわらかな肌触り。

¥24,000(税別), 綿100%
Photograph by Yuriko Takagi

コットンブロードのシャツ

白いシャツ。と聞いて思い浮かべるパリっとした清潔さ。
メンズシャツに使われる生地を使い、堅くならないよう
女性らしいシルエットに仕立てた。

一番下の写真
左 ¥34,000
中 ¥33,000
右 ¥35,000(いずれも税別), 綿100%
Photograph by Yuriko Takagi

コットンカシミヤの羽織

やわらかなコットンにカシミヤを5%加えることで、
ほどよい暖かさになり、シワにもなりにくい。
冬のコートの中にも着れるので、出番の多い一着。

羽織 ¥35,000
ブラウス ¥34,000(いずれも税別), 綿95%, カシミヤ5%
Photograph by Yuriko Takagi