jurgenlehl ’19 winter」カテゴリーアーカイブ

注染ウールスラブのコートとブラウス

編む前の糸を、注染という染色法で七色に染めた。
さらに糸を撚り、編むことで、点描のような奥行きが生まれる。
もちろん、肌触りはやわらかで、とても暖か。

左 ¥105,000(税別), 毛100%
右 ¥63,000(税別)
Photograph by Yuriko Takagi

スクラッチ

チョークか、石墨で描き殴ったような筆跡を柄編みで表現。
柔らかな細番手のウールを使い、
セーターにはない軽い着心地に。

¥32,000(税別), 毛100%
Photograph by Yuriko Takagi

ウールタッサーシルク

表地にウール、裏地に花柄をプリントした
タッサーシルクを重ね、キルティング。
本来は裏地にあたるプリント面を表に着たドレスコート。

¥120,000(税別)
表: 毛100%, 裏: 絹100%
Photograph by Yuriko Takagi

ベジタブルシープのジャケット

革本来の質感を引き出す、
ベジタブルタンニン(植物性渋なめし)の
シープスキンジャケット。
やわらかな革をたっぷりと使った
ゆったりシルエットと落ち着いた色が、
ハードになりがちなレザージャケットを
やさしい印象に仕上げている。

¥140,000(税別), 羊革
Photograph by Yuriko Takagi

シルクコットンダウン

肌ざわりの良いシルクコットンを使ったダウンコートは、
軽く、あたたかで、布団に包まれる様な心地よさ。

コート(写真1,2) ¥150,000(税別), 綿70%, 絹30%
ジャケット(写真3,4) ¥100,000(税別)
Photograph by Yuriko Takagi

ムートン

しっかりと目の詰んだ毛足とキメが細かく、
薄手の革質は、ドレープもよく、重すぎない。
カジュアルになりすぎない程よい感覚のムートンジャケット。

¥520,000(税別), 羊革
Photograph by Yuriko Takagi