jurgenlehl ’19 spring」カテゴリーアーカイブ

春ダウン

中綿を減らし、軽くやわらかな着心地に仕上げた
春用のダウンコート。
インナー次第では着膨れしがちな冬場も活躍しそう。

コート ¥130,000(税別)
ジャケット ¥80,000(税別)
生地 綿70%, 絹30%, 中綿 ダウン90%, フェザー10%
Pohtograph by Yuriko Takagi


丸い柄部分には撚りの強い糸が織り込まれている。
インドでジャムダニと呼ばれる織り込み柄の技法と、
日本の楊柳やちりめんなどにみられる撚り糸の技法が出会って生まれた一枚。

¥68,000(税別), 綿60%, 絹40%
Photograph by Yuriko Takagi

シルクコットン強撚インレイのブラウス

繊細な手織りのシルクコットン。
柄状に撚りの強い糸を折り込み、表情を出した。
撚り糸を使った生地の表現は日本の着物の手法。
これをヨーガンレールがインドに持ち込み、
職人達とのやりとりによって実現した。
今回も製品にするまで一年以上の歳月を要している。

¥58,000(税別), 綿60%, 絹40%
Photograph by Yuriko Takagi

タッサーキルトのブラウス

キルティングによって空気をはらんだジャケットは、
シルク特有の保温性と合間って、
薄手でもあたたか。
春先や寒い季節のお洒落着に最適。

¥45,000(税別), 表: 絹100%, 裏:綿80%, 絹20%
Photograph by Yuriko Takagi

タッサーキルトのチュニック

表情豊かなタッサーシルクの裏に薄手の綿を合わせ、
細かなキルティングをしたドレス。
ステッチを変えることで、
見頃とスカート部の表情に差をつけた。

¥74,000(税別), 表: 絹100%, 裏:綿80%, 絹20%
Photograph by Yuriko Takagi